ヨンジュン狂いの失格ママとクール娘

ペ ヨンジュンと共に一日が終わるダメママ・・。 でも、悩みは尽きないのよ・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

母の愛。

入院中の母に、父と姉が会いに行くと
決まって母は、わたしのことばかり気遣っているという。
お見舞いにもいけない、親不孝者のわたしなのに・・。
「○ちゃんはどうしてる?○ちゃんの身体は大丈夫?
あのコは、夏に弱いから・・。」
患ってもなお、身体の弱い末娘の心配をしている。
家族と離れ、寂しい毎日を送っているのは自分なのに・・
不出来な娘は、申し訳なく思うとともに
今更ながら、母親の偉大さを思い知る。
お母さん・・もうすぐ今年もくるよ。
わたしが、初めてお母さんを苦しめた日が
そう・・わたしの誕生日が・・。
お母さんと一緒に、ケーキを食べたかったな・・。

花

老いてなお
患いてなお
子を想う母の愛
まるで、菩薩の慈悲にも似て。

スポンサーサイト
  1. 2007/07/31(火) 13:07:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あひるのリクエスト。

お知り合いの方のお孫さんが
1歳のお誕生日を迎えるので
おこがましくも、下手なVを送ることにした^^
とっても可愛い男の子のお孫さんで
この一年、その笑顔にわたしは癒され続けてきた。
その感謝の気持ちを込めて・・送っていただいた
たくさんのフォトの中から選ばせてもらい
気持ちだけは、たくさん込めて創らせていただいた。
皆さん、とても喜んでくださって
わたしは、本当にうれしくありがたく思った。
そのVを観たあひるが
「今まで、お母さんのヨン様Vを数々観てきたけど
これが、一番いい^^これはいい^^」と
ウルウルしながらほめてくれた。
そして、こう言うのだ。
「わたしの小さい頃からのフォトでVを創ってほしい。」
わたしは、内心ドキっとした
それは、わたしも以前から考えていたことだったから。
「そのお母さん手作りのVを結婚式で流すの^^」
世界に、たった一つのV。
「わたし、泣きまくるわ・・きっと」
あひるは、目を涙でいっぱいにしながらこう続けた。
おどけながら・・
「わたし、今なにかお母さんに頼んだ??
わたし、何も言ってないよ~お母さんからのサプライズだからね^^
わたしは、何も知りませ~~ん
あひるの親子は、お互いに目と目でうんうんと
合図しながら・・その会話は終わった。
そうだね^^創ろうね^^
お母さんらしいことを、余りしてあげられなかった
わたしに出来ること・・。
創りながらきっと、ポロポロ泣くと思うけど
これからの目標が一つ出来たよ^^
父が、若い頃からカメラも趣味で
格好のモデルの孫娘のフォトは、数え切れない。
今から、フォトの整理をしていたほうがベストかも^^;
何年先の出来事になるやら・・だけど
必ず、娘との約束を果たそう。
創りながら・・あのコの幸せを
ひとコマひとコマに織り込んで行こう。

窓

  1. 2007/07/29(日) 13:57:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

希望(BlogPet)

きょうは、chibiraは処置された!
それでくろたんがナタリと王子とか対応した?
それでフライパンが希望するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「くろたん」が書きました。
  1. 2007/07/27(金) 14:35:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしだけのものさし。

コップに、水をなみなみとつがなければ気の済まない人。
逆に、ほんの少しの水で十分だと思う人。
人の考え方、生き方は実にさまざまだ。
自分を計るものさしは、人それぞれ違う。
自分を動かすガソリンが、100では足りないと思えばそうだし
30で十分だと思えばそうなのだと思う。
「もっと、もっと今よりも」という思いは、向上心とも言える。
「これで、十分」という思いは、諦めとも言えるかも知れない。
しかし・・と思う。
とても難しいことだけど、「足るを知る」人間でありたいと
わたしは思う。
今朝、某女優さんとやはり俳優さんである有名な
ご夫婦が、TVに出てお話をされていた。
奥さんの方が、まだ子供さん達が小さいときに
乳がんとうつ病を患われ、大変な年月を過ごされてきたとのお話。
そのときに、目玉焼きを作るのに
フライパンに、タマゴをキレイに落とすことが出来たのが
とてもうれしく、涙が出たと話されていた。
フライパンに、タマゴを落とす・・。
誰にでも出来ることが、自分に出来た喜び。幸せ。
わたしには、まるで自分のことを言われているかのように
涙が出てきた。
そう。わたしは、前にも書いたように普通の人が当たり前に出来ることが出来ない。
でも・・自分でもやれることを数えてみたら
100のうち、20はあるかも。
そして、それはとても幸せなことで
わたしのものさしでは、十分なものかもしれない。
そう考えると、そう思うと、自分の立場に感謝を覚える。
これが、わたしの思う「足るを知る」ということなのである。
一遍上人の句に
「見を捨つる 捨つる心を 捨てつれば 思ひなき世み すみそめの袖」
というものがある。
凡人のわたしには、理解するには長い年月が必要だが
昔から心惹かれる句の一つであった。
捨てて、捨てて捨て去って・・
初めて真の大切なものを得ることが出来るのかも知れない。
夏になると気温と共に、微熱が続くのが
毎年の恒例行事だが^^;
今年もきっと頑張れる。
少なくともわたしのものさしまでは。

グラス

  1. 2007/07/26(木) 11:14:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一年中、いい男♥(。→v←。)♥

梅雨もあけ、本格的なの季節の到来だ^^
それにしても、このフォトを見て
今更ながら思ったのだけど
ペ ヨンジュンって、どの季節もピッタリ似合う
春の爽やかさも
夏の太陽も
秋の憂いも
冬の雪景色も・・
一年中、「いい男」でいるのも大変だろうなぁ
なんて、んなことないか
いい男は、やっぱりいつでもいい男なのだ^^

yon

フォト:Quilt様よりm(_ _)m
  1. 2007/07/24(火) 14:59:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父の「二人展」。

同じ絵画教室に通っているお仲間と
昨日から父が「二人展」と題した絵の個展を開いている。
ご招待状の文句が
「老いさき短くなった年寄り二人が水彩画に夢中になって
取り組み、いろいろの道を探っております・・・。うんぬん」
70を過ぎまさかの母の発病。
父にとって、絵を描くということがイコール癒しで
あったに違いない。
今までは、絵の好きな仲良しのドクターにあげたり
わたしがお世話になっている病院にあげたりして
喜んでいただいてきたが
今回、小さいながらも「個展」に踏み切った。
なにか、父の絵を載せようと
アトリエまがいの父の部屋に行ってみたが
ちゃんとしたものは、ほとんど持って行っていて
お遊びのような絵しか残っていなかった。
こんなものを載せたら父に叱られるかな^^;
母がいなくて、ちゃんと眠ることが出来るとは言っても
寂しそうにしている父に、絵があって本当に良かった。
今年も、もうすぐ高校生たちの熱い闘いが始まる
感動の夏が始まる。

野球

  1. 2007/07/22(日) 12:31:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素晴らしきかな人生。

ぼくが生きる、あなたが生きる
今日という日は、なんだってできる
夢がなかったら夢を探せる今日
いつのまにかあった幸せに気づける今日
失敗したって反省すればいい今日
どんなに絶望してても希望を見いだせる今日
信じたことを積み重ねられる今日
この風景もこの光景も今日にしかない今日
世界中のだれもが向かえる今日
永い永い歴史のなかで一番新しい今日
なにを想い
なにを信じ
どう動くか
今日をどう生きるかで 日の沈む美しさが変わる
明日をどう夢みるかで 日の昇る美しさが変わる

あなたが生きる今日が、あなたの人生になる
太陽がくれる今日は
信じるだけ、感動にあふれまくってる
動いただけ、可能性にあふれまくってる

想いのまま
心のまま
あなたの今日を、あなただけの人生を

ひまわり

「きむさんの詩集よりm(_ _)m」
  1. 2007/07/19(木) 14:47:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安らぎを求めて・・。

父が退院してホッとしていたら
入れ替わるように、母が何度目かの入院。
まるで、家中が戦争のようなこの数日間だった。
一人一人が、疲れ果て
母を何とか無事に病院に入院させた後
皆、脱力感と虚無感で言葉もなかった。
ご自分の病気やご家族の病気などで
苦しんでおられる方々・・わたしなんかより
もっともっと、苦しんでおられる方々には
ホントに、おこがましく僭越な言い方かもしれないけれど
人間って、「わたし、頑張ってるよ」とか
「これだけやったから疲れた~」などという言葉は
本当に、頑張ってる人の口からは出ないもののように思う。
そんなことを思っている余裕すらないのだ。
ずっと、母の介護を通して色んなことを
わたしなりに学んだつもりだったが
今回ばかりは、きっとまだまだ序の口であろうわたしでさえ
そう思った。
そして、横になっても深く眠れないわたしは
いつの間にか、大好きなヨンジュンのフォトを
ソフトに乗せて、これまた短編ではあるけれど
15分と掛かっただろうか??
Vを創っていた。
知らず知らずのうちに、癒しを求めていたのだろう。
曲は、フリーの「ゆんたさん」と仰る方のクラシック。
素朴な音色の中に、とても安らぎを感じた。
きっと、心優しい方なのだろう。
この場で、曲をお借りした「ゆんたさん」に感謝を・・。
ありがとうございましたm(_ _)m
↓のVをミュートにしてご覧になってくださいね^^


★MVのアドの持ち出し及び他への転載は固くお断り致します★
  1. 2007/07/18(水) 12:58:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今は癒され・・いつかは癒し・・。

どんな悩みも苦しみも
それを経験したものにしか解らない。
だけど・・誰かが何かを抱え、悩み苦しんでいたら
ちょっとだけ、立ち止まって
「もしも、自分だったら・・。」
と、心をそちらに傾けてみるのは自分のためにも
良いことだと思う。
もしも、いつか自分が同じような壁にぶつかったとき
きっと、何かのヒントになると思うから。
実際、わたしは思う。
人の痛みは、決してただの「人」の痛みではないのだ。
同じ痛みを知る友が、今日もそっと
わたしの痛みを包んでくれている。
いつかわたしも・・誰かの痛みを包んであげられる・・
そんな人間になりたい。

すずらん

物言わぬ小さな花にも
涙の雨が降る。
まるで誰かの代わりに
泣いているかのように・・。

  1. 2007/07/15(日) 12:54:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美。

今日は、この二枚で癒されます

1

2

フォト:Quilt様よりm(_ _)m

  1. 2007/07/14(土) 19:52:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心友。

ここのところ、色んなことが重なって
落ち込み気味だったわたしに
何も言葉では言わなくても
「菜のちゃんには、Vがあるでしょ^^」と
そっと、見守り背中を押してくれた手があった。
まだまだ、大変な日々は続くけど・・でも・・
その、心友たちの想いに感謝を込めて・・
短編ですが、久しぶりにソフトを立ち上げてみました^^
ありがとう・・いっぱいありがとう(^-^)(__)


★MVのアドの持ち出し及び他への転載は固くお断り致します★
  1. 2007/07/13(金) 13:21:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

前にも書いたけど(BlogPet)

きのうnanoで、blogされたみたい…

今日から、七月~^^
前にも書いたけど、ホント月日の経つのは早い(>_



*このエントリは、ブログペットの「くろたん」が書きました。
  1. 2007/07/10(火) 13:49:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父のなみだ。

認知症の母の看病を
とても献身的に頑張っていた父が、とうとうダウンした。
わたしたちが、一番危惧していたことだった。
三日前の夜、母をお風呂に入れたあと
初めて、わたしたちに悪寒を訴えた。
本当は、数日前から調子が悪かったのに
誰にも言わずに、耐えていたらしい。
熱が、40℃もある。
日ごろ、滅多に弱音を吐かない父が
わたしたちの「救急車を!!」という言葉に
反対をしなかった。
余程、きつかったに違いない。
母をその場で、一緒に病院へ連れて行くわけにもいかず
救急車には、姉が乗って付き添い
わたしは、バイトに行っていた娘に連絡し
慌てて帰ってきた娘と二人で、母を連れて病院へ・・。
点滴をしながら横になっている父の顔が青い。
対応してくれた若い医師が、絶対に入院というのに
父は、がんとして拒否し続けていたらしく
姉が、説得してもだめで困り果てているところだった。
わたしが、車を駐車場に留めている間に
娘が母の手を引いて、先に処置室へ。
事情を聞いた娘が、「おじじ、言うことを聞いて!!入院しなきゃだめ!!!死んでしまうよ!!!」
この娘の一言で、頑固な父はやっと首を縦にふった。
医師は、「早く、お孫さんに来てもらえばよかったですね」
と、笑っていた。
その夜の検査では、おかげで悪いところはみつからず
気管支炎の酷いものだろうということだった。
疲れ・・。
父は、究極に疲れていたのだ。
時間の感覚がわからない母に、夜通し付き合う毎日。
母は、やはり父が一番安心するのか・・わたしたちでは
どうしてもダメ。
一見、病気には見えない母は病院では
それは、手もかからず本当にお利口にしてくれた。
とりあえず、翌日の朝に入院に必要なものなどを
持っていくしかなく、父を励まして
一旦、わたしたちは家に戻った。
父は、母の手をずっと握って
「心配いらない^^すぐに帰るよ^^」と涙ぐんでいた。
わたしも姉も娘も胸が締め付けられる思いで
父の涙を見ていた。
後ろ髪を引かれながら車に乗り込んだとき
母が、泣き出した。
「お父さんが、かわいそう。お父さんが、かわいそう。」
自分の病気ゆえに、父がこうなってしまったことを
母もぼんやりと察していたのだろう。
わたしたちは、ただ「大丈夫よ、お母さん。大丈夫。」と
繰り返すことしかできなかった・・。
父は、回復に向かいながらも
もう少し、入院が必要だ。
わたしたちも介護の中心にいる父の健康・・
心身ともの健康を、常に気遣ってはきたつもりである。
しかし、今この高齢社会において
見逃されがちな、介護する側の肉体的、精神的ケアーという事
について、もっと勉強しなければと強く反省した。
心配しながらも、元気な父は
「大丈夫」だとわたしたちの心のどこかに
隙のようなものがきっとあったのだ。
母は、かわいそうだけど
この際、ゆっくり休んでいつもの元気印の父に
ちゃんと戻って、母の元に帰ってきてほしいと思う。
わたしも頑張って、母の手を引き
あひるの運転で、今から父に今日も会いに行ってこよう。
きっと、父が首を長くして待っている。

ひまわり

フォト:「花素材mayflower」様よりm(_ _)m
  1. 2007/07/10(火) 11:08:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JOON1号と頑張った日。

わたしの愛JOON1号。
あひるの大学入学が決まったときに購入したものなので
もう、4年目になる。
その間、動画創りをセッセとやってきたので
酷使してきたのは確かで・・。
入院も一度、経験した。全治一ヶ月とのこと
とにかく、動画創りを中断したくなくて
入院の次の日に、新しいを買いに行った。
その一ヶ月間は、NEWのお世話になったが
このJOON1号が帰ってきた日は、ホントにうれしくて
あちこちを撫でながら、キレイにしてあげたものである^^
この大切なJOON1号をとうとう一昨日リカバリした
リカバリというモノが、どんなモノであるかは
いろんな方の体験から知識程度には解っているつもりだったが・・
こんなに、時間と労力と神経を使うものだとは思わなかった!!
バックアップは、常日頃から取ってはいたものの
不安と・・なんだかとてもが可哀相になって
涙がポロポロ出て来て仕方なかった
データもほとんど元に戻したあと
「ごめんね・・つらかったね・・」と愛を労った。
わたしのために、一生懸命に働き続けてくれたのだ。
中がキレイにお掃除されて、わたしのJOON1号は
また、わたしのために働き始めた。
リカバリという大変な作業を通して
例え、機械であっても今後は今まで以上に
大切にしなければと心を新たにした出来事だった。
メーカーの人も「性能のいいだからまだまだ
大事に何年も使って上げてください^^」
と、言ってくれた。
わたしは、JOON1号を撫でながら
「ハイ。そうします!!!」と疲れも忘れて元気に答えた^^

パソコン

フォトをお借りした素材サイト様に、感謝致しますm(__)m
  1. 2007/07/05(木) 13:16:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

例の如く(BlogPet)

昨日、nanoが

例の如く、娘はちゃんと心得ていて
わたしの雨を、しっかり握り
ゆっくり、ゆっくり、駐車場の坂を登って行った。
っていってたの。

*このエントリは、ブログペットの「くろたん」が書きました。
  1. 2007/07/03(火) 13:40:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨音を聞きながら・・。

夕べから、凄い
今もさんまで加わって、強いが降り続いている。
叩きつけるような雨音を聞きながら
朝の用事を済ませ、ちょっと一息つき
私達のお隣の国の王子に思いを馳せる。
ちゃんと、食べているだろうか。
ちゃんと、寝ているだろうか。
笑顔は、曇っていないだろうか。
心に、は降っていないだろうか・・。

green

フォト:Quilt様よりm(_ _)m
  1. 2007/07/02(月) 09:32:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日から七月~^^

今日から、七月~^^
前にも書いたけど、ホント月日の経つのは早い(>_<)
若い頃と違って、夏は苦手だけど・・
七夕や、花火、風鈴や海・・
色んな人たちが、色んな場所で
夏ならではの風物を楽しむのだろう^^
それぞれの夏が、思い出深いものになりますように~

七夕

  1. 2007/07/01(日) 14:22:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MV

ブログパーツならStickam!

プロフィール

nano

Author:nano
年齢不詳(ご想像にお任せ!!!)
ぺ ヨンジュンと
一人娘ちゃんに
夢中なダメママでっす♥(。→v←。)♥
宜しくね~(^-^)(__)
★ここに掲載されている画像及び作品は正当な権利者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

現在の時刻

カレンダー

日替わりのお花

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

占い♪


-方位学-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

コラブロ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング

ペット(*^^*)

あなたの愛を

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カウンター

アフィリエイト

ぶたちょき みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。