ヨンジュン狂いの失格ママとクール娘

ペ ヨンジュンと共に一日が終わるダメママ・・。 でも、悩みは尽きないのよ・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親愛なるペ ヨンジュン様。

拝啓 ぺ ヨンジュン様

今日は、35歳のバースデーでしたね。
わたしは、心友たちと共に
静かに
心で、お祝いをさせていただきました。
貴方を応援するようになって
もう何年も経ち
あの頃と今では、色んなことが
変わってしまいました。
でも、貴方の存在が
いつもわたしを勇気づけ
励まし
支えてくれることは
何一つ変わっていません。
本当に、ありがとう。
貴方の35歳が実りの多い年になりますように・・。
お母様のワカメスープ・・今年は召し上がれたのでしょうか。
おめでとうございました。
心から。

byjb

フォト:Quilt様よりm(_ _)m
スポンサーサイト
  1. 2007/08/29(水) 23:05:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

登場(BlogPet)

きょうくろたんが風呂は登場したかも。

*このエントリは、ブログペットの「くろたん」が書きました。
  1. 2007/08/29(水) 10:05:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おめでとう^^あひる。

昨日も書いたように、今日は娘の誕生日。
私たち親子には、いつからか始まったことがある。
娘のあひるは、小学校にあがるまで指を銜えていた。
あひるの指しゃぶりは、お腹にいたときかららしく
検診のとき、ドクターから
「指しゃぶりをしてるよ^^」と言われた^^
案の定、産まれてからすぐに自分の親指に興味を持ち
右手の親指は常に、ちゅぱちゅぱ
そして、左手はわたしの耳をいじいじしながら
足で私の足をさする。
面白い習慣だが、わたしはあえて止めさせることはしなかった。
この事を心理学、特に児童心理学に力を入れている娘は
「指しゃぶりは、よくないって思いがちだけど・・
あれは、子供なりに自分の感情をコントロールしてるんだと思う。
だから、無理にやめさせなかったお母さんは、正解でしたぁ^^」
と言ってくれるが。
小学校にあがるとき、初めて親子で話し合った。
もう、そろそろ親指さんとバイバイしようかと^^
娘は、「うん、わかった^^」と言って
その日から、ずっとなじんできた親指とピタリとさよならした。
娘が、物心ついたころから
毎年、8月28日にはわたしの膝にチョコンと座り
例のごとく、親指をちゅぱちゅぱさせながら
わたしの話を聞くのが習慣となった。
自分が、わたしのお腹にいたときの様子、
自分が、どんなふうにこの世に出てきたのか、
お産の一部始終を聞く。
わたしは、超がつくほど安産で
助産婦さんに、呼吸法とかとてもよく勉強してたのねと褒められた。
そして、親子の呼吸がピッタリで
100点満点のお産だったとも褒められた。
そんな事の一つ一つを全部、毎年娘の誕生日に
話して聞かせてきた。
同じ事をずっと。
夕べもそうだった。
12時になって、わたしがおめでとうを言うと
さっさと、わたしの部屋にきて
わたしの膝にゴロ~ンと横になって
「ハイ^^22年前の今頃はどうしてた?」と聞いてきた。
わたしは、娘の髪を撫でながら・・
いつもの年と同じことを話して聞かせた。
娘は、初めて聞くようにとても嬉しそうに頷きながら聞く。
小さい頃と何も変わっていない。
ただ一つ、違うのは親指をちゅぱちゅぱしないって事だけ(爆)
一通り、話し終わって満足したあひるは
「お母さん、お疲れ様^^まぁ、超安産だったけどね^^」
と言って自分の部屋に行き、お友達と携帯で話し始めた。
後、何年娘はわたしの膝枕で同じ話を聞いてくれるのかな。
そんな事をフト思うと、寂しくなってくる。
今日、とうのあひるはお友達数人でお祝いをしてもらうのだと
一泊で出かけて行った。
「お母さん、夜メールするね^^行ってきま~す」と
いつもより大きなバッグをさげて出かけて行った。
わたしは、振り返って手を振る娘に
気をつけて・・と声をかけたけど
声がかすれてしまった。
とっくに、親離れ、子離れしたつもりでも
誕生日って、やっぱり特別なのかな・・。
こんなんじゃ、あひるが嫁ぐ日はどうなることやら^^;
あひるも同じ事を思っているかもしれない。
夕べのあひるの言葉を思い出した・・。
「親子って、一つにつながってるんよねぇ・・^^」

wasurenagusa

  1. 2007/08/28(火) 14:23:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

良い事の・・1、2、3・・。

明日、28日は我があひるの誕生日^^
明後日、29日は我らがぺ ヨンジュンssiのお誕生日^^
一日違い。
こんな些細なことさえも嬉しかったり
この8月もご他聞にもれず色々あったけど・・
相変わらず、体調もイマイチだけど・・
でも、自分の誕生日もあったし
数えてみれば、いい事だって沢山あった^^
なるべく、これからはいい事のほうを数えていこう。
いい事って、何故か辛かった事の後ろに隠れがちだけど
自分で、前に押し出してあげればいいのかも。
とにかく、明日は娘がこの世に生を受けた日。
そうそう^^いつも此処に登場してもらう
あひるの幼馴染の麻衣ちゃん!!!
あひると同じ日にこの世に生を受けた麻衣ちゃん^^
明後日は、ヨンジュンssiがこの世に生を受けた日。
麻衣ちゃん!!!おめでとう
あひる!!!おめでとう
ヨンジュンssi!!!おめでとうございます
それぞれが、それぞれの幸せな一年を(^-^)(__)

yonyon

  1. 2007/08/27(月) 15:25:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あひると甲子園。

ちょうど今、甲子園で決勝戦が行われている。
同じ、九州として父と佐賀北を応援しているわたし^^
勝負の世界って厳しい。
必ず、どちらかが勝って、どちらかが負ける。
でも、勝っても負けても高校生の流す汗や涙は綺麗だ。
あひるは、ヨースケと付き合う前、
ユースケという青年とお付き合いしていた^^
決して、名前に「スケ」が付いてないとダメなのではないが^^;
ヨースケは空手だが
ユースケは野球をやっていて、これまた
地元では結構名の知れた選手だった。
高校野球最後の夏、予選でいいところまで行っていた
ユースケの応援に、暑い中あひるは
仲良しのお友達と一緒に応援に行った。
TV放送があるので、私たち家族もTVの前で応援していた。
な・なんと席を探してウロウロしている
わが娘をブラウン管に発見したときは
わたしの方が、顔が赤くなったものである^^
4番でサードだった、ユースケ。
ウチにも何度か遊びに来たことのある青年が
バッターボックスに立ったのを観たとき
何故か、鳥肌が立ったのを覚えている。
「頑張れ!!!ユースケ!!」
9回裏で最後のバッターになってしまったのが
ユースケだった。
ヘルメットを深くかぶりなおし、
バッターボックスに、立つとき
ユースケは、一瞬目を閉じ
ユニホームのポケットに手を突っ込んだ。
後で聞いたら、そこには・・
あひるが、親譲りの不器用な手で
フェルトと刺繍糸を買ってきて野球ボールの形の
お守りを一生懸命に創った、その不恰好なお守りを
ポケットに入れていたらしい。
あわやホームラン・・と皆で飛び上がったが・・
惜しくもボールは、相手の野手の手の中に・・。
毎日、毎日血の汗を流しながら頑張ってきた
ユースケの最後の夏が終わった。
球場から出てくるところで、泣きながら
待っていたあひるをみつけたユースケは
泣きはらした赤い目で、黙って帽子を取り
一礼したらしい。
帰ってきた、あひるは今日のユースケが
一番カッコよかったと言って泣いた。
その後、色々あって別々の道を選んだ二人だが
甲子園のこの時期になると
わたしも、ユースケは元気かな・・と思い出す。
きっと、あひるもそうだろう。何も言わないけど・・。
どこが、優勝しても高校野球はやっぱりまぶしい。
今年もその熱い夏がもうすぐ終わる。
みんなみんな、大変だったね^^
本当に、お疲れ様と心から拍手を送りたい。

花

  1. 2007/08/22(水) 14:59:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

意味(BlogPet)

きょうは、見舞いしたいなぁ。
それでnanoの入退院へ会話されたみたい…
それでnanoで機会に仕事したいなぁ。
でも、nanoはnanoの意味再会するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「くろたん」が書きました。
  1. 2007/08/22(水) 07:51:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花火と人生。

夏と言えば、花火
日本中のあちこちで、花火大会がもようされる^^
花火といえば、わたしにはちっちゃな想い出がある。
中学の頃、仲の良かったSちゃんとKちゃんが
ウチに遊びに来てたときのこと。
もう、忘れたけど三人で色んな話をしていたとき
Sちゃんが、急にしみじみと言うのである。
「人生って、花火のようなものよねぇ・・。」
その言葉にえらく共感を覚え、感動した
わたしとKちゃん。
13や14の子供が( ̄▽ ̄;)
しかし・・このSちゃんの名言は
大人になってからもずっと心に残っていて
時々、この時期になると思い出し
微笑んでいる^^
それぞれ、全く違った環境にいる三人は
今では、全く音信不通になってしまったけど
花火を見ながら、あの二人もあの言葉を
思い出し、懐かしく微笑んでるかなぁと思う。

花火

  1. 2007/08/19(日) 15:27:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心のふるさと、長崎。

8月9日。長崎に原爆が落とされた日。
この日は、私たち北九州に住む者には特別の意味を持つ日である。
戦争、原爆・・言うまでもなく二度とあってはならない事。
しかし、この8月9日は特別なのである。
娘を妊娠したのがわかったころ、転勤族だった私たち夫婦は
長崎に、転勤が決まった。
そのときに、父が切々と話して聞かせてくれたことがある。
「自分たち、北九州のものは長崎の方たちに足を向けては寝られない。」
昭和20年、8月9日。
この日は、此処は曇りだったという。
もしも・・晴れていたら・・
此処、北九州に原爆は投下されるはずであった。
曇っていたから・・長崎へ・・。
お天気が、運命をわけた。
「長崎に行ったら・・常にそのことを頭においておくように」
父の言葉をしっかり胸に刻んで私たちは長崎の住人となった。
ありとあらゆる場所に、私たちは足を運んだ。
平和公園。
公園中央に立つブロンズ像は高さ9.7m重さ30t。
天を指す右手は原爆の脅威を、
水平に伸ばした左手は平和を示し、
閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈る姿という。
真っ青に晴れ渡った空の下
ブロンズ像の平和を示す左手には、沢山の平和の象徴である
ハトがとまっていた。
永井博士の生家。
大浦天主堂。
浦上天主堂。
長崎の街が一望に見渡せる稲佐山。
2年間の間に行けるところは、ほとんど足を運んだ。
綺麗で、穏やかな長崎。
父の言葉を最後まで忘れることはなかった。
こじんまりとした小世帯のマンションの方たちは
本当に、素晴らしい方たちばかりで
知らない土地で、初めての妊娠中のわたしに
それは、よくしてくださった。
転勤で、何度か土地を変わったが
長崎の人たちの人情は格別だった。
すぐに、皆さんと打ち解けお昼を一緒にいただいたり
娘が産まれてからは、仕事が忙しい主人に代わって
交代で、お風呂に入れてくれたりもした。
どれだけお世話になったか言葉では言い表せない。
再び、転勤が決まったとき
マンションの皆さんでお別れ会を開いてくださった。
ご主人も子供さんも全員で・・。
それぞれが、心から別れを惜しんでくださり
わたしも感極まって、必ず言わなければ・・と
ずっと心に留めてきたことを話した。
原爆のことである。
謝って済むことではない。
北九州の人間が望んだことでは、ましてない。
しかし・・わたしも主人も手をついてお詫びした。
すると、皆さん口々に
「あなたたちが悪いんじゃない。誰も悪くない。戦争が悪いんだ
どうか、そんな事を思わずに・・。私たちも北九州に
遊びに行くからね^^」
と、涙ながらに言ってくださった。
ほんの一部の方たちにではあるが
お詫びを言うことができた・・。

あれから、随分年月は経ったが
本当に、遊びにも来てくださった^^
今でも、手紙のやり取りもさせていただいている。
最後の最後まで「長崎」は、とても温かだった。
毎年、この時期。
8月9日のころになると
父をはじめ、家族みなで手を合わせている。
「本当に、申し訳ありませんでした」と・・。

花

  1. 2007/08/17(金) 14:11:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絶望された(BlogPet)

きょう、合図しなかった?
それでnanoと、経験♪
それでころくんは反対するはずだったの。
それでビョンは目とする?
でも、きょう、絶望された!

*このエントリは、ブログペットの「くろたん」が書きました。
  1. 2007/08/15(水) 07:40:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I need you。

最近は、ゆっくりVを創ってる時間もないわたし。
でも、このヨンジュンは創りたかった^^
彼の美しさを損なわないように
ゴチャゴチャせず、あっさりと創ってみました^^
↓のVをミュートにしてご覧くださいね(^-^)(__)
フォト&BGMは、Quilt様よりお借りしましたm(_ _)m

★MVのアドの持ち出し及び他への転載は固くお断り致します★
  1. 2007/08/12(日) 16:53:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

静寂の中の癒し。

この彼の静の美しさに惹かれる。
いつでも
どんなときでも
つつましく
それでいて、精悍で
穏やかな笑みの中に
努力を押し隠し
常に前を向いて歩み続ける。
そんな彼の静の強さがいい。
そんな彼だから
いつまでも惹かれ続ける・・。
あたたかく守られてるようで
ずっと、癒され続ける・・。

ヨンジュン7

フォト:Quilt様よりm(_ _)m
  1. 2007/08/11(土) 10:30:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨンジュン過去Vです^^超短編。

今日もギラギラの真夏日^^;
暑さと正反対の超短編過去Vを持ってきました^^
なんか、短編ばかり持って来てるような・・^^;

★MVのアドの持ち出し及び他への転載は固くお断り致します★
  1. 2007/08/09(木) 12:43:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きょうくろたんがお世話(BlogPet)

きょうくろたんがお世話ー!

*このエントリは、ブログペットの「くろたん」が書きました。
  1. 2007/08/08(水) 12:10:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

哀しいウソ。

昨日、一泊の外泊を終えて母が病院に帰った。
時間の感覚を無くした母は、お昼から
父とわたしに何度も尋ねた。
「もう、戻る時間じゃない?」
「夕食に間に合うように帰る約束だからまだ大丈夫」
わたしたちが答えると、5分後にはまた
同じ質問を繰り返す。
母は、病院に帰りたくないのだ。
わたしたち家族には、母が病院でどんな生活を送っているのか
知るすべもない。
母が、断片的に話す内容から想像するしかない。
しかし、病気が病気なだけに全てを鵜呑みにするわけにはいかない。
母が、発病してから今まで経験者の方、専門家の方に聞いたり
ネットで調べたりもした。
大体のところは、つかんでいるつもりではいる。
前に書いた、娘の幼馴染のまいちゃんのように
新人さんだが、それこそ献身的に真心で接してくれる
看護師さんもいる。
わたしたち家族にとって、本当に何よりありがたいことである。
しかし、記憶に新しい事件。
寝たきりのお年寄りの爪を剥いだ看護師の事件。
背筋が凍った出来事であったが、
あの病院は、父方の祖父が老衰で亡くなるまでの
5年間をお世話になった病院であった。
母が、365日食事の世話に通った病院。
その看護師は、きっと心を病んでいたのだろう。
いや、世の中が病んでいるのかもしれない。
高齢化社会が抱える大きな問題を浮き彫りにした
なんともやりきれない事件である。
動けず、しゃべれず、意思表示が上手く出来ないお年寄り。
どんなにか痛かっただろう。辛かっただろう。
寝たきりのお年寄りにも立派な人格があるのだ。
一生懸命に、生きているのだ。

話を母に戻すが・・
時間になって、母は父の車に乗り込み
わたしと娘に軽く手を振って、家をあとにした。
何度、入退院を繰り返しても
この別れるときの寂しさだけは、慣れることはない。
母が、家にいるときは夜が寝ないので
皆、睡眠不足でそのこともあったのか
体調がすぐれず、気分のよくなかったわたしは
娘の横になったほうがいいよというすすめもあり
少しだけ横になることにして、ウトウトしたころだった。
雨に、びっしょり濡れた父がこれまたびっしょりの母を
連れて帰ってきた。
わたしは、慌てて飛び起き玄関に出て行ったときは
事の次第を読み取っていた・・。
案の定、母がわたしを見るなり
「○ちゃん、ここに置いてくださいm(_ _)m迷惑はかけません」
と言いながら泣き出した・・。
父はというと見るからに、疲れっきっている。
とにかく、事情を病院に説明しなければと
わたしと父が病院側と話した結果、
家におきましょうと父が言ったが、夜の薬を貰っていない。
自分が、今から一人で薬を貰いに行くと言っている父の言葉を聞いて
わたしは、とっさにウソをついた。
泣いているかわいそうな大好きな母に・・。
「お母さん、電話聞いてた?お父さんが今からお薬だけ
病院に貰いに行くって^^お薬を貰いにだけならお母さんも
付いて行ってくれるよね^^」
今までの経験上、こうなっては夜が大変なのは
いやというほど解っていたからだ。
母は、一言「はい。」と答えた。
わたしは、あんなに嫌がっている病院に
母をだまして追いやろうとしている・・。
胸が張り裂けそうで、涙が止まらなかった・・。
しかし・・こうするしかないのは
父も娘も後で話を聞いた姉もわかっていた。
父が、再び車に乗せて病院に着いたら
看護師さんが二人、待っていてくれたそうだ。
わたしが、父が困らないように℡でお願いしていた・・。
最後まで、薬だけを取りに行ったと信じていた母が
父との間のシャッターを閉められる瞬間に
「おとうさ~ん」と叫んだ声が耳から離れないと
帰ってきてから何度も言っていた父。
わたしが、母にウソをついた。
わたしが・・。
夕べは、泣いているであろう母を思って
眠れなかった。
お母さん、ごめんね・・。
この悲しみこそが、介護の辛さだと思い知った。

花

  1. 2007/08/07(火) 14:42:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母の背中。

主治医の先生の許可がおりて
今朝、母が一泊で帰ってきた^^
早速、父は母を車に乗せて買い物に行ったり
近場ではあるが、色んなところに連れて行ったり。
暑さに気を配りながら、それでも二人とも
とてもうれしそうだ^^
お互いに、75を過ぎた今、
両親は、本当に二人で一人である。
今日は、久しぶりにわたしが母をお風呂に入れることになった^^
もともと、小柄な母だが
一段と小さくなった背中をわたしが
気をつけ、気をつけ洗ってあげるたびに
「気持ちがいいわぁ、ありがとう」を繰り返す。
「そんなぁ、娘にお礼なんて言わないでよ!!」と
おどけて言ったものの・・熱いものがこみ上げてきて
母に悟られまいと一生懸命、母をきれいにし続けた。
「ハイ^^お母さん、手を広げて指の間を洗おうね^^」
幼いころ、わたしが母によくしてもらった事を
わたしが、今度は母にしている。
いつの間にか、反対になってしまった立場・・。
こうやって、人間は順繰りに人生を終えていくのだろう。
何度も何度もわたしにお礼を言って
母は、二階の部屋に上がって行った。
二階の両親の部屋から、時々二人の笑い声が聞こえてくる。

幸せ

  1. 2007/08/05(日) 20:08:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

父の自画像。(鬼の肖像画ではありません( ̄▽ ̄;) )

父の絵の二人展が無事昨日で終わった。
思っていたより、たくさんの方が観にきてくださり
本当に良かった^^
父は、一枚一枚を丁寧に片付けながら
「こんなことをやると思わぬ人が陰で支えてくれたり
日ごろは何かと疎遠になっていたりする人たちと再会できたり
この年になって、大変なことではあったけど収穫は大きかった」
と、この二週間を振り返って感慨深げである。
中でも、父の自画像を皆さん一番喜んでくださったとか・・。
先生もこれをメインにと言われたそうだし
観る方が観たら解るのかなぁ・・。
わたしなんか、全く絵心のない者からみたら
ただの怖い顔したおじいちゃんなのだが(お父さん、ごめんm(_ _)m)
返す返すも思うのは、母が居たら喜んだだろうなということ。
なにはともあれ、父にとって最初で最後になるかもしれない
個展が、盛況のうちに終わったことに感謝したい。
ウチのデジカメは、ぶっ壊れたまま放置されていて( ̄▽ ̄;)
父が、箱になおす前にパパッと撮るしかなかったので
写りも良くないし、ゴボゴボ感なども
残念ながら全く出ていないけど・・記念に^^
ヨンジュンのきれいなお顔の後で、はなはだ恐縮ではあるが・・。
額縁すら写ってない( ̄▽ ̄lll)
これまた、父が見たら怒るかな・・。
まぁまぁ^^;お父さん、お疲れ様でした(^-^)(__)
いつかまた、こんな機会に恵まれるといいね^^

自画像

  1. 2007/08/04(土) 11:21:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポワ~~ン。

数あるヨンジュンのフォトの中でも
好きになりたての頃、「なんてキレイ」と
ポワ~ンとなった一枚です^^
中世的な美を感じた一枚です^^
ヨンジュンカジョクの間では、あまりにメジャーな
フォトだけど、久しぶりに引っ張ってきました^^
の外では、台風が少し暴れているけれど
このフォトに、再びポワ~ンとなってるお気楽なわたしです^^;
どこも被害なんて出ませんように。

美

  1. 2007/08/02(木) 17:20:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MV

ブログパーツならStickam!

プロフィール

nano

Author:nano
年齢不詳(ご想像にお任せ!!!)
ぺ ヨンジュンと
一人娘ちゃんに
夢中なダメママでっす♥(。→v←。)♥
宜しくね~(^-^)(__)
★ここに掲載されている画像及び作品は正当な権利者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

現在の時刻

カレンダー

日替わりのお花

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

占い♪


-方位学-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

コラブロ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

ブログランキング

ブログランキング

ペット(*^^*)

あなたの愛を

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カウンター

アフィリエイト

ぶたちょき みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。